表情から読み取れる犬の気持ち!!

アイキャッチ画像

犬は体全体を使って感情を伝える動物です。

愛犬の気持ちが理解できれば愛犬との暮らしがもっと楽しくなり、絆をもっと深めることができますよね!?

今回は表情に現れる犬の感情を紹介していきます!!

ではいきましょう!!

表情を見るポイント

sora
sora

犬は目・鼻・口元を動かして感情を伝えるんだよ!

目について

チワワの写真

sora
sora

まずは目についてです!

・興奮や集中しているときは動向が開く

視線

・犬は視線を合わすのが苦手
・犬社会では視線をじっと合わす=ケンカを売るになる
・敵意がないことを知らせるために視線を外す

耳について

パピヨンの写真

sora
sora

次は耳についてです!

耳の方向

・耳は注意している方向に向ける
・集中しているときは『ピンッ』と立てている
(周囲を警戒しているときは前後左右に動かす)

・リラックス中は力を抜き開き気味になる

耳の傾き

・警戒しているとき、気持ちが高ぶっているときは立つ
・ネガティブなときや服従を表すときは後ろに倒す
たれ耳の場合は耳の根元を見れば判別できます。

口について

コーギーの画像

sora
sora

次は口についてです!

開いている

・リラックスしているときは口元が緩み軽く開いている
・うれしい時は口角が上がり笑顔に見える

閉じている

・集中、緊張、警戒しているときは口を閉じている
(普段も閉じているときはある)

口元にシワをよせ歯を見せる

・軽く歯を見せるのは警戒
・犬歯まで見せると攻撃態勢

ポジティブな感情

パピヨンの写真

sora
sora

次は表情の組み合わせを紹介していきます!!

うれしい時

穏やかで開いている、軽く細めている
幅は広く軽く立っている、軽く後ろに引いている
軽く開き、笑顔に見える

楽しい

丸くて瞳孔が大きい
前向きに立っている
軽く開き、笑顔に見える

リラックス

穏やかに開けている
幅は広く軽く立っている
口元が緩み、少し開いている

ネガティブな感情

不安

キョロキョロと動かす、視線を合わせない
前向きに立ている
閉じている

怖い(怯えている)

視線を合わせない
後ろに倒している
閉じている

緊張

視線を合わせない
前後左右、色々な方向に向ける
口周りを頻繁に舐める

威嚇

鋭い目つき
前向きに立てている
鼻の上にシワをよせ犬歯が見える

恐怖を伴う威嚇

鋭くにらむ
後ろに倒している
鼻の上にシワをよせ、唇を引き上げ奥歯まで見える

最後に

皆さんいかがでしたか?

犬は社会性のある動物です。その為、相手に感情を伝える必要があります。

表情以外にも、体を使ったボディランゲージや鳴き声など様々な伝え方が存在します。

その意味が理解できれば愛犬との暮らしは一層楽しくなり絆も深まるでしょう!!

今回は表情についてお伝えしました。少しでも参考になれば幸いです。

sora
sora

Bye bye♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました